TOPICS耳の駅 TRG通信

耳の駅19-01web版:ほっと一息雑学考「縁起の良い初夢のはなし」

2019.01.11

皆様の今年の初夢はどのようなものだったでしょうか。

そもそも初夢はいつみた夢の事かと謂えば元日の夜にみた夢の事をいうようです。

初夢で見ると縁起が良いとされるものに「一富士」「二鷹」「三茄子」が有名です。

これは江戸幕府を開いた徳川家康に由来すると謂われており、家康が晩年を過ごした静岡県で高い物を順に挙げたという説や家康が好んだ駿府城から見える富士の山容、娯楽として楽しんだ鷹狩、三保の松原付近で取れる茄子を挙げたものという説などがあります。

三番目の茄子までは知名度が高いですが実は続きがあるとされ、「四扇」「五煙草」「六座頭」となっています。

扇は末広がり、煙草はその煙が上る様から運気上昇にかかりいずれも縁起が良いとされます。

六番目の座頭は剃髪し琵琶を奏でながら物語をかたり歩く琵琶法師の事ですが剃髪していることから毛がないと怪我無いを掛けた洒落言葉として採用されたとされています。

また、この三番目以降の続きの言葉は様々なバリエーションがあるようで中には「葬式」や「火事」などの言葉もあります。

これは夢で悪い事があったら逆に現実で悪い事が起きないとの考えで入れられているそうです。

新しい年を迎え、皆様がたの今年一年が良い年となるようご祈念申し上げます。

霊柩車から仏事までお得な情報満載のTRG機関紙「耳の駅」バックナンバーはこちら!

[ 受付時間 ]9:00~18:00(第2.4土・日・祝休)
092-504-1351

ティ・アール・ジィへのお問い合わせはこちらからどうぞ